お相撲さんのグルコサミン

義母が3年前に転倒して腰を強打し、整形外科へかかったものの、今一つ調子が良くないようです。

検査入院したり、手術を検討したのですが、何をしたらどこまで良くなるというのが先行き見えず、特にこれと言った手立てを受けないまま、3年間やり過ごしています。

正月に義母の家に泊まりに行ったときに、新聞や新聞折り込みのチラシが入っていて、義母はサプリメントの広告が気になっていたようでした。

私は新聞を取っていないので、それらの広告が珍しく、義母と一緒に、二人でいろいろと腰の痛みに良さそうなサプリメントや、何でも良いので体が元気になりそうな飲み物のことなど、広告を見ながらあれやこれやと、とりとめのない話をたくさんしました。

義父も夫も酒を飲み過ぎ、入浴したら疲れてすぐに寝てしまったので、私と義母ですることもなく、コタツでゆっくり栄養補助食品の広告を見ていました。

義母の家はパソコンもインターネットもなかったので、私はスマートフォンで検索して、グルコサミンの商品についていろいろ調べ、祖母にその画面を見せたりしました。

義母はスマホを見るのも初めてらしく、「こんなの見せられても私にはわからない」と言いました。

それもそうだよな、と祖母の立場に立って思い返し、私は一人でグルコサミンについてスマホで調べ、義母は一人で新聞とチラシを読んでいました。

義母の家に泊まった翌朝、義母が私に言いました。

「あのおすもうさんのやっているCMのグルコサミンにする」私は新聞だけでなくテレビも全く見ていないので、おすもうさんのCMのグルコサミンなどと言われても、何のことだか全然わかりませんでした。

でも私がわからなくても、グルコサミンを飲むのは義母ですし、義母がいつもテレビで見ていていいなと思った商品なら、義母の好きなようにすればいいと思いました。

1週間して義母から電話がかかってきて、あのおすもうさんのグルコサミンが届いた、と言っていました。

テレビか電話の注文なのか、入手方法は私にはわかりませんでしたが、義母が自分でいいと思ったグルコサミンを入手できて、ほっとしました。

義母は現在もそのグルコサミンを続けているようで、少し腰の痛みもやわらいでいるようなので、グルコサミンは祖母の心の支えになっているのだと思っています。

グルコサミンのサプリメントの選び方

グルコサミンは食事から摂るよりも、サプリメントを使って摂取した方が簡単です。

したがって、市販されているサプリメントの中から自分に合ったものを是非選んでもらいたいと思います。

グルコサミンのサプリメントの選び方において、何に注意をすれば良いのか?というと、1つはグルコサミンが含まれている量です。

グルコサミンの含有量はそれぞれの製品によって異なっていると思いますから、どれを買って飲んでも良いというわけではありません。

1日に摂取すべきグルコサミンの量が決まっているため、サプリメントを1日分飲んで、それで1日に摂取すべきグルコサミンの量に達するものを選ばないといけないのです。

ちなみに1日で摂るべきグルコサミンの量というのは、だいたい1000〜1500mgとされているので、それを下回ってもいけませんが、多すぎても身体によくないので、この範囲に収まる量を1日分のサプリメントの摂取でちゃんとまかなえる製品というのが、理想ということになります。

グルコサミンのサプリメントは製品としてかなり多いので、いくつか探せばそれに該当しそうなものが見つかると思います。

ちゃんと1日の摂取量の目安を守りながら、グルコサミンの効果を体感していってほしいと思います。